東北タップダンス&アートフェスティバルを終えて ー 向澤郁子編
こんにちは、向澤です!

私は東北タップフェスティバルに
スタッフとして参加させていただきました。

準備段階では初めての試みだらけだったので
一体どうなるのだろうと
全く予想ができませんでした。

それが、スタートしてみると
予想外の素晴らしいことが日々うまれました。

日々のワークショップ
TAPを描くという新しい試みのワークショップから
本物のジャンベをたたいてのパーカッションワークショップと
TAP以外のワークショップもとても新鮮でした!
TAPもいろんな講師の方にきていただいたので
それぞれの色があり、
バラエティー豊かな時間だったと思います。
どの時間も生き生きとした現場となりました。

そして初日のオープニングパーティー
アーティスト同士が刺激し合い
熱いエネルギーが会場に溢れる素晴らしいLIVEでした。


2日目のパネルディスカッション
言葉で語ることにより、熱いエネルギーの意味を
垣間見ることができ共感や理解が深まりました。
ラストのセッションは最高でした。


最終日の仙台フィルハーモニーとの公演
クラシックの美しい旋律がカズさんのTAPと相まって
より躍動的になり、
昇華する音の渦に足下からすくいあげられるような浮遊感すらおぼえました。

最後の勝先生の授賞式には、その場にいた誰もが胸を打たれたと思います。

そして仙台で活動しているTAP THE FUTUREの皆さんが
舞台でもTAPのリズムを刻み、
仙台でのフェスを意味付けているようにも思いました。

そしてスタッフの皆さんひとりひとりも
いいものを生み出そうという
本気の思いで舞台に向き合われていたのも印象的です。

それを受け取り感じてくれる
お客さまがいることで
エネルギーが増殖され
すべてが作用してこの空間がクリエイティブに生み出されている
ということを
全身で体感し、実感したフェスでした。


TAPを軸にしてこのようにアートな空間が生まれ続けた3日間でした。


私も目の前のことにまっすぐに
クリエイティブに生み出して行くことに
恐れず躊躇せずいきていきたいと触発されました。


結果
やはりやはりTAPが大好きです!!!



向澤郁子


f0137346_15565082.jpg

[PR]
by tappersriot | 2015-12-07 14:47 | Comments(0)


<< KTS年末スペシャルワークショ... 東北タップダンス&アートフェス... >>