東北タップフェスへ向けて:村田編
こんにちは、KAZTAPSTUDIOの村田です!!


11月に入り2015年も残り2ヶ月。

今年も色々あったなーと振り返ってみようかと思いましたが。。。

それどころではなかった!!!?

今年一番の目玉イベント。

東北タップダンス&アートフェスティバルが11月21日から23日の3日間、仙台の日立システムズホール仙台でおこなわれます。

f0137346_2256331.jpg
f0137346_22562133.jpg



そう今回のBlogはこのフェスティバルについて、書いてみようかなとペンを走らせています。と言わんばかりな勢いでキーボードを叩いています。なう。



何度もこのBlogでもご紹介してきているTap the future in 仙台と仙台市市民文化事業団、カズさん、カズタップスタジオで企画し、なんと今回は主催に仙台市までもがついております!!!


この8年間、小さなスタートだった仙台でのタップダンスプロジェクトも少しずつ少しずつ根付いてきました。

そんなこの約10年間のひとつの形として、このフェスティバルを開催できる事、とても感銘深いです。。(ひとりで今ジーンときてます。涙)






僕は仙台でタップダンスをはじめました。

はじめたのはちょうど11年くらい前です。

仙台でタップダンスを始め佐藤勝先生(カズさんや荒井さんの先生でもあり仙台を代表する素晴らしいタップダンサー、そしてタップの指導者であります)がカルチャーセンターで教えていたタップダンスレッスンに通いはじめたのがきっかけです。

ダンスをやっていただけに簡単にできるかなーと思っていた矢先、いきなりノックアウトを喰らうくらいの挫折感を味わい、、、

でもその出来なさ加減に逆に燃えてタップダンスにのめり込んでいったんだと思っています。

勝先生はとても優しい先生で、Lessonの前後でも指導してくれたり、タップのビデオを貸してくれたり、一緒にダーツに遊びにいってくれたりととても面倒みてくれました。

そのおかげでタップダンスにはまり、その後僕は東京に上京する事を勝先生のさりげない後押しもあり、決めて、今ではカズタップスタジオの運営をもやっております。




あれから10年くらいが経ちました。月日は流れますね!!!







その間には震災もありました。




僕の母校は宮城農業高等学校という高校です。



名取の海沿い広浦という土地にありました。津波の被害がめちゃくちゃでかかった場所で津波で全部流されて,その土地での再建は難しく今はもうないです。
現在は仮設校舎にて、高校生のみんなは高校生活を送っています。

f0137346_1281195.jpg


牛も豚も鶏もいます。(こういうの僕世話してましたw)

f0137346_1283383.png


先週その高校の文化祭に行ってタップを踊ってきました。母校で踊れるってとても感銘深いです(今日2回目)

ひさしぶりに行った高校には、昔なじみの先生もいたり、同級生が先生になったりと通っていた場所ではないですが、懐かしさを感じました。

f0137346_129277.jpg


色々な話をしている中でもやっぱり津波の話、震災の話がでてきます。

それは直接的なことでなくても、生活の色々なところに今でも影響を及ぼしているからです。
大津波からの復興という本をもらいました。
やはり想像を絶する写真の数々に本当に苦しくなる想いになりました。
学校の先生と色々なお話を交わしながらその時の事も、そして今の事も沢山聞きました。

f0137346_1504434.jpg


そんな中、どうして今回、自分を呼んでくれたのか、同級生に聞きました。

彼は、ダンスやアートをやっている人の力強いパワーを高校生のみんなにも感じてもらいたいからだよ。と。
農業と野球ばかりやっていた同級生からそういったことを聞けた事がびっくりでした。w

なんだか、ダンスやアートが持つ力を客観的に感じることができ、その力を自分も今よりもっと信じていこう!と思いました。

700人くらいの高校生にどれだけの事が伝わるかはわからないけど、自分が信じているものをぶつけてみようと想い、踊る事ができた時間でした。

未だ解決していない問題が山積みの中にある現場。大変な事が色々あるし、それでもやらなきゃって行動している彼とかをみたりして、ふたりで、この繋がりを絶対大切にしていこうと約束しました。
アートというものが持つ力が様々な地域に色々な形で役に立てる事があるならそれは僕にとってとても意味のあることだからです。
そして普通に友達としてこれからもずっと繋がりたいなーと思ったからです。




宮城県でタップダンスのフェスティバルをやるにあたっても、この10年間のコトを思いながらも、

今のコトやこれからのコト、正直様々な事を想いながら開催当日まで走り続けています。

宮城という場所でタップダンスという素晴らしいアートが様々な形に変わって、人の心の中に入っていく事を僕は信じて、今日も明日もその準備に取りかかります。



タップダンスを体験してもらって、タップダンスを体感してもらって、そして音楽も美術も、ありとあらゆるアートを感じてもらえる3日間にできたらと思っています!

僕も楽しんで仙台と言う場所でその時間を堪能したいと思います。




宣伝もしようと思いましたが、なんかキーボード叩いてたら僕の個人的な感想になってしまいました。。w

お許しを。。。

まだまだどのイベントやワークショップも受付中です!!!


宮城のお友達やちょっとでも何か気になるものができた方は是非会場までお越し下さい。


きっと、何か。心に芽生えるものがあると思います。


あと、20日!!!



HP
http://www.kaztapstudio.com/top/titl.html


Facebook Page
https://www.facebook.com/tapintothelight/


f0137346_1433154.jpg

[PR]
by tappersriot | 2015-11-03 01:46 | Comments(0)


<< 東北タップフェスへ向けて:米澤一平編 KAZUNORI KUMAGA... >>