シャッフル
今日はシャッフルについて!

これはホントに難しいですねー最近になっても、まだまだ、コントロール不足だなぁー
と思いますからね。

シャッフルに限らずなんですが、STEPはやっぱり足首だけでやってはだめですね。
力が入ってなかなかいい音もでないし、速くならないし。
足の付け根から太ももあたりをよく使うように心がけたほうがいいですね。

シャッフルの教え方でいいなと思ったのが、ニューヨークで受けた、バーバラ・ダフィー先生のアドバイスが自分的によかったです。

そのうちの一つは、まず、足の付け根(股関節)あたりを、しっかり曲げて、シャッフルの準備を毎回しなさいと、足の付け根から曲げてる感覚を感じなさいとしきりに教えてくれました。

膝を高く上げようとすると、どうしても膝まわりに力がはいっちゃうので、足の付け根から上げる意識をすると、自然と膝は上がってるので、膝から下はけっこうリラックスできます。

そうなんです、まずはシャッフルするよってゆー準備が大事なんです。
毎回同じところに、あがってくるように意識しないと、毎回同じ音がでないですからね。
いいシャッフルを出た時の、足の上がりかたの感覚を意識して掴むといいですね。

さー上げたあと下ろします。
この下ろす時にやっぱり、足首に力が入ってしまいますよね。。。

まずはゆっくりでいいから、足首に力が入らないように、下ろして引く(ブラッシュバック)という動作を繰り返し練習ですね。
どうしても、地面に当たるときに足の先などに力が入ってしまいます。
シャッフルは振るだけなので、どこにも力はいれない!!が基本です。

始めはシャッフルの引いた(ブラッシュバック)後ろの音にアクセントがつくように、しっかり振りましょう。
そして、一回の音がしっかりでるようになってきたら、二回、三回と数を増やす。
テンポを早くする。とどんどんレベルアップしていきましょう!!

こういう基礎のSTEPはコツとかよりも、とにかく練習です!!
何回も何回も意識して、数多くやった人が上手くなっていきますね。
一回一回魂を込めてやりましょう~~
シャッフルの練習は、反復練習なので、飽きたりしないように、いろんなバリエーションのエクササイズを練習するといいですね。自分でエクササイズを作ったりしても、おもしろいと思います。

何年か前にオマーエドワードが教えてくれました。
「いいかタカ、まず、お前の知ってるSTEPを全て書き出せ!!
 shuflle
toe
heel
frap
dig
pull buck..........
 それを、一つずつだけ使って、インプロしたりするんだ。
 もういろんなSTEPを既に知っているから、あとはイマジネーションだよ。」

みなさんも、やってみてください!!
一つの事に集中して深く練習してみる。より理解も深まりいいと思います。
[PR]
by TAPPERSRIOT | 2008-09-18 03:26 | 熱血STEP講座 | Comments(2)
Commented by motti♪ at 2008-09-18 22:45 x
シャッフルのアドバイスありがとうございます!
レッスンで練習するときも、いけなくて家で練習するときにも役に立つヒントばかり\(>_<)/ 自分でもわかるくらい足首にすごく力が入ってしまうのでメモりました~。練習がんばります!!
Commented by kAZ at 2008-09-19 01:15 x
次回は動画付きで


<< 走る男!! 捨てられた自転車。 >>