仙台MyRythm/水野 美穂
仙台。

去年はじめて行ったあの街がどんどん身近になってきています。
今回は本番前日から参加したので、本番直前の稽古場にお邪魔しました。
残り30分の稽古場は、ちょうどMyRythmへの意気込みを一人ずつ話しだすところでした。

「前回は本当に納得いかなかったので、今回は笑顔で踊りたい」

「ソロでは誰にも負けないぐらい目立ちます!」

「どんどん、はめをはずしたい!」

「見てる人を笑顔にできるようなタップを踏みたい」

「くいの残らぬようおもいっきり頑張ります!」

みんなのたくさんの熱い想いにふれることができて、仙台にきてよかった、MyRhythmに関われてよかったと改めて感じました。


そしてむかえた当日。

雪がちらほら舞う朝。

今日の主役であるTap The Futureは、
きりっとひきしまった表情で、でも笑顔で、すごく素敵な一日になる予感がしました。

私は舞台袖につくこととなりました。

舞台にあがる直前のみんなは
緊張!といった雰囲気はさほどなく、
むしろ今からお客さんの前で踊れることが楽しみでしょうがない!といった感じでとてもいい空気が流れていました。


シーンとシーンの間に出演者の方々が作文を読むシーンがあるのですが、
すごくストレートな言葉で
それはなんというか、心で書いて、そして心で読んでいるような文章で、すごくすごく素敵でした。

舞台上のタップはまさに心が踊っているようでした。

カズさんがパンフレットに寄せられた文章を表すかのような舞台でした。


楽しく、そしていろいろなことを感じることができた仙台の時間はあっという間に過ぎ、
Tap The Futureの皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。

f0137346_0201981.jpg


そして東京に戻った私たちを待っているのは

『軌跡と奇跡–kiseki』


今度は私たちが!
[PR]
by tappersriot | 2013-03-11 10:02 | Comments(1)
Commented by しー at 2013-03-11 13:52 x
23日☆今、直ぐワープしたいなあ
すっごく楽しみです♪♪


<< KISEKIへの軌跡通信vol... My Rhythmを経て/米澤一平 >>